株式会社日本エルダリーケアサービス

日本エルダリーケアサービスHOME > 社員インタビュー

いつも笑顔であかるく元気なわけ

日本エルダリーケアサービスグループは日本全国に事業所を展開しています。このコーナーでは各事業所で働く社員の笑顔を訪問!事業所で働くことをお考えの方へ日本エルダリーケアサービスグループをより深く知っていただくため、事業所でのお仕事内容や、 やりがいなどをインタビュー形式でご紹介いたします。

介護の仕事はこんなに楽しい。初めて仕事が一番になりました。デイホームゆりの木東大和白圡純

Q.あなたのお仕事の内容を教えてください。

メインでやっている仕事はご利用者様の家族・ケアマネージャーと連絡をとり、ご利用者様に何が必要か?ゆりの木はその中で何ができるのか?を提案して利用に繋げていく事やシフト調整です。

Q.入社のきっかけを教えてください。

元々、中野区で介護の仕事をしていましたが、当時の職場ではスキルアップは難しいと思い、退職しました。その後、区役所の知り合いに相談したところ、当社のゆりの木を紹介してもらい、入社しました。

イメージ

最近ご結婚された白圡さんに、施設のみなさんからお祝いのメッセージが。白圡さんが施設で中心としてがんばっている雰囲気が分かります。

Q.実際に入社してみてどうでしたか?

当時の施設長や周りの先輩がカルチャーショックに近いくらい優しかったです。今までは何となく仕事をしてきましたが意識がガラッと変わりました。昔はバスケットのプロを目指していたので、プロになったら辞めよう、仕事は二の次でしか考えていませんでしたが、入社して初めて仕事が一番になりました。

イメージ

Q.生活相談員から施設長になり、変わったことはありますか?

生活相談員でも施設長でもご利用者様に対する思い、接し方や責任感は基本的に変わっていません。ただ、施設長になるとご利用者様と関わる頻度が少なくなってくるので、その分、困難なご利用者様に対しては現場の意見を尊重しています

Q.施設長になり、仕事で苦労したことを教えてください。

全部です(笑) 施設長は現場でガッシリ守る人ではないですが、現場にいないのもご利用者様が見えないので良くないと思います。 職員に任せるところは任せなければいけないので、自分はあくまで現場フォローに入りますが、入りすぎると職員が頼ってきてしまい、いなければなぜいない?となります。この微妙な立ち位置が難しく、この苦労はずっと解決しないような気がします。

イメージ

施設長になってもご利用者様と一緒に体操をするこの時間が本当に楽しいという白圡さん。笑顔が素敵です。

Q.どんな時にやりがいを感じますか?

ご利用者様やご家族様からありがとうと言ってもらえた時です。白圡さんがいるから来ると言ってもらえたり、最近のお話では、なかなかデイサービスに合わない方が、僕の事を檀家のお坊さんと思い、お坊さんの集まりと勘違いをして利用してもらえるようになりました。自分がきっかけになってデイサービスに行こうと思ってもらえる時にやりがいを感じます。あとは、売り上げがあがった時ですね(笑)

Q.施設長になり、心掛けていることはありますか?

自分が利用する立場だったらココに通いたいと思うようにしています。あとはできるだけ職員が働きやすく、意見を言いやすい雰囲気づくりを心掛けています。自発的に動いてもらえるよう、ある程度自由にしたり、フロア内のご利用者様の見守りは任せています。 なぜかと言うと、職員同士の人間関係が複雑であったり、余計な思いが働くとご利用者様が快適に過ごす為の最適な環境や空間が作れなくなるので、しがらみをなくして純粋にご利用者様だけを見守れる環境になるように心掛けています。

Q.仕事でストレスを感じた時の発散方法を教えてください。

中学からやっているバスケットとお酒ですかね(笑) 最近は家庭を持ち、一人の時間がとれないので、通勤は自転車なので帰りに自転車に乗りながら星を眺めている瞬間が最高です。ロマンチストではなく、ただのおっさんです(笑)

Q.最後に目標とする夢はありますか?

自分がいる事によって職員に対してモチベーションが上がるようにしたいです。 そして介護の仕事ってこんなに楽しいんだよと伝えられる人になりたいです!!

イメージ
白圡さんが、生活相談員から施設長へのキャリアパスを実現させた日本エルダリーケアサービスの研修制度はコチラ

今回訪問した先は、デイホームゆりの木東大和です